Renx-レンクス-

あなたに未来が届く

お知らせ

お知らせ2024年1月5日

【お詫び】VIVEフェイシャルトラッカーの販売終了について。

お知らせ2023年12月19日

【年末休業】12月27日から1月4日まで、年末休業とさせていただきます。

メタバースを活用した不登校の子供たちへの新しい支援がスタート

はじめまして、きたまいかのしゅんぼーです。

札幌の夏は、沖縄よりも福岡よりも高温多湿となっており、

お盆明けの2023年8月23日には、観測史上最高気温「36.3℃」を記録しました。

また同時に、北海道では観測史上最長となる連続真夏日「35日」をも記録更新をしました。

ということで、今日も業界にまつわるためになる記事を一つまとめてみましたのでご紹介します。

メタバースを活用した不登校支援の新たな取り組み

福島県の「おいでよ きもちかたりあう広場」

今回は特に「メタバースに興味のある人」に向けて、非常に興味深いテーマについて書かせていただきます。

それは、福岡県が企画した「メタバースを用いた不登校支援」という新しい取り組みについてです。

福岡県の「おいでよ きもちかたりあう広場

以前も触れた、福岡県のプログラムを参考にしながら、ここで注目すべきは福島県が展開する「おいでよ きもちかたりあう広場」です。

このプログラムは、VRInsideの記事によれば、メタバースとVR(仮想現実)を活用して、心のケアや自己肯定感を高める活動を行っています。

特徴として挙げられる点は以下の通り:
心のケア: 専門のカウンセラーや心理士が参加しており、心のケアをしっかりと提供しています。

VR体験: VRを通じて仮想空間内でコミュニケーションを取ることで、不登校の子供たちも安心して自分を表現できます。

集団活動: グループ活動を通じて、他の参加者と協力し、コミュニケーション能力を高めます。

多世代交流: 子供だけでなく、親や教育関係者も参加することで、多世代での交流が生まれ、新しい視点やアイデアが生まれることも。

専門家との対話: プログラムには、専門家も参加しているため、専門的なアドバイスやガイダンスを受けられる点も大きな利点です。

このような活動を通じて、福島県は不登校の子供たちに対して、より包括的なサポートを提供しています。

1 開設日:令和5年8月22日(火)
2 開催日時:偶数月: 毎週火曜日の19時~21時 奇数月:毎週金曜日の19時~21時
3 参加対象者
自殺予防SNS相談窓口「きもち よりそうライン@ふくおかけん」の相談者のうち、他の参加者に迷惑をかけないなど広場のルールを守れる若い世代の人。
対象者にはSNSで広場への参加をご案内します。参加費用は無料です。なお、広場の円滑な運営及び安全確保のため、運営スタッフのアバターを広場内に配置するとともに、精神保健福祉士が参加者の状況を見守り、必要に応じて介入する体制を確保しています。
4 定員:当面の間は20名とし、最大40名まで拡大予定
5 広場でできること
他の参加者との交流、広場内の自由散策
クイズなどのレクリエーション
トークセッション
記念撮影

「参照」:「おいでよ きもちかたりあう広場」を開設します!~孤独感や生きづらさなどを抱える人向けのメタバースを活用した居場所~

 

なぜメタバースとVRは重要か

メタバースやVRの力を借りることで、不登校の子供たちに新しい「場」を提供することが可能になります。

現実世界での制限やプレッシャーから解放され、自由な形で自己表現やコミュニケーションが行えるのです。

メタバースとはなにか?

次に、”メタバース”とは何か。これは仮想世界であり、現実世界とは独立した環境です。

しかし、この仮想世界が現実世界でのコミュニケーションやビジネス、教育にも影響を与え始めています。

それでは、メタバースと不登校支援との接点について語りましょう。

安全な場所の提供

メタバースは、不登校の子供たちが安心して自分自身を表現できる場所を提供できます。

コミュニケーションの場

不登校の子供たちが他の人とコミュニケーションを取るスキルを磨く場所ともなり得ます。

教育プログラムの提供

メタバース内で、特別な教育プログラムやカウンセリングが提供されることで、子供たちは学習を続けることができます。

親や教育関係者との連携

メタバースを通じて、親や教育関係者も子供たちと連携し、サポートすることが容易になります。

自己肯定感の向上

成功体験を積むことで、自己肯定感が高まり、現実世界での挑戦もしやすくなる可能性があります。

メタバースは社会問題の解決のキーワードになるか

メタバースは、新しい形の不登校支援に大いに貢献できるプラットフォームと言えそうです。

最新のテクノロジーを活用して、不登校の子供たちに新しい希望と可能性を提供できるのは、まさに時代が求めるイノベーションでしょう。

おいでよ、きもちを語り合う広場、そして新しい支援の形が待っています。

この先、メタバースが不登校支援にどれだけ貢献できるのか、非常に楽しみですね。

それでは、また次回お会いしましょう

しゅんぼーがお送りしました。

上部へスクロール